SSブログ
2014.07.07 より
前の5件 | -

2020火星 [天体]

2021年が始まった。

例年の如く、初日の出を撮そうと一応カメラの準備はしていたのだが、天気予報で曇りとあったし、日本海側での雪のニュースに少し怖じ気づいて事前に中止した。

今までなら予報で曇り気味でも、出かけていたのだが、そういうやる気が薄れていたことが大きい。

翌朝、空を見たら雲はあまりなく、機会を逸したような気分になったのだが、まっ、自業自得だ。

コロナの時代だから、外ではいつもマスクで、何だかやる気が出ない。

寒い日に戸外に出れば、老眼が曇ってカメラのファインダーやモニターが見えなくなるし・・・。


さて、話は変わるが去年の10月は火星の大接近だった。

正確に言うと、‘準’大接近。本当の大接近はその2年前の2018年だった。

火星は地球のすぐ外側を公転していて、公転周期は約2年弱。

従って、地球とは2年に1回接近することになる。

その間の年は太陽を挟んで向こう側にいる。

なので、遠いだけではなく昼間で見えないことになる。

火星と地球は近いときと遠いときの距離の比が大きく、火星の見かけの大きさは地球からの距離によって大きく違い、望遠鏡で写真撮影するには接近時が大チャンスだ。

2年ごとの接近といっても、その接近度合いはいつも同じではない。

火星の公転軌道が楕円形であるためだ。

2018年の接近時は大大チャンスだったはずなんだが、あいにく夏場(7月)にあたり惑星の高度が低く、我が家の撮影場所では家の陰に隠れてしまう。

それでせっかくのチャンスにと思って、鳥取の{さじアストロパーク」に泊まり、40㎝カセグレンで撮影してみたのだが、きれいな画像なのに、極冠を除けば以前撮影したような模様が見えず、ナゼだ?と何か拍子抜けがした。

そのあとで自宅でも撮影したのだが(8月)、同じことだった。

後日、天文マニアの投稿から、これが火星の砂嵐のせいだと知った。

昨年10月の大接近は、その時ほどの接近ではないものの、同程度の接近は今後、2033年までないというぐらいのチャンスだった。

惑星撮影用にバローレンズとCMOSカメラを買い、それなりに準備していた。

ちなみに撮影機材情報も、もっぱら天体マニアの投稿写真からである。

なまじの参考書よりこの方が遙かに実戦的だ(俺には)!


昨年の大接近は、火星との距離が最短になったのが10月6日、衝の位置に来たのが10月14日。

衝の位置とは、太陽、地球、火星が一直線に並ぶ位置である。

衝の位置では火星の南中時刻がほぼ零時になる。


それでは大接近のほぼ一月前に撮したものだが、載せる。

20-09-14_5_12連結.jpg



衝の位置でないから少し欠け気味である。

南中になる前(はじめの頃)は大気の揺らぎ、ノイズで少し不鮮明だ。

写っている部分はあの{大シルチス」や「ヘラス平原」、「子午線湾」だ。

おおむね、15分間隔ぐらいだが、1時間、間が空いたものもある。

火星の自転は地球とほぼ同じなので、表面の模様を見ると回転しているのが分かる。


火星のいろいろな方向から見た模様を比較したもの。

結合6.jpg



狙いを定めて撮したものではなく、条件が良いときに撮したものをあとから分類して並べたものだ。

11月に撮したものは、もう遠くなりかけていて見かけが小さくなっている。

本で調べて、おもな地名を書き加えた。

結合6拡大text.jpg



月の地名にならって、暗い部分は‘海’とか‘湾’と名付けられているが、当然、水をたたえているわけではない。

‘オリンポス山’とおぼしきものが白っぽい丸として写っていたので記す。

本家であるギリシャの‘オリンポス山’は標高2918mだそうだが、こちらは25000m、
一桁違う。

裾野の直径は500kmで、東京ー大阪間に匹敵するというから超巨大な火山だ。


それとマリネリス渓谷がある部分も暗くなっているのだが、渓谷のために暗いのかどうかは怪しいので、記さなかった。

昔であれば、望遠鏡に映った模様を頼りにあれこれ想像を巡らしていたのだろうが、今ではたくさんの探査機が降り、歩き回り写真を撮りまくっている。

マリネリス渓谷の存在などその産物で、そんなでかい渓谷でも地球からの望遠鏡ではそうそう見えない。

そのような中、自分の持っているおもちゃの隣のような望遠鏡にもオリンポス山が映っていたのが少し感激だ。


コメント(683) 

蒜山の天の川 その2 [天体]

今日は動画!

といっても、手間をかけた割には期待外れといったところだけど。

「タイムラスプ」で1分に1枚、ISO=1600で30秒の静止画を撮り動画にした。

そのままでは日没後の西日や遠くの街の灯で下側が明るすぎるので、画像処理ソフトの「カブリ補正」を使っている。

天の川を際立たせるためにその他、諸々も・・・。

1枚ずつ・・・専門知識が無いので正しいかどうかはあやふやだが・・・すぐ飽きてしまうので時間かかった~。




天の川の下側で、雲が右から左に流れている。

左から右下に動いているのは岡山空港に着陸する飛行機か?

カメラはSONYのα7Sを天体撮影用に改造したもの。

改造というのは「赤い星雲」をよく撮るためのもので、反面、普通の写真を撮ると赤っぽくなっちまう。

だが、これはヒットかもしれない。

もともと α7Sは感度に特長があるカメラだが、さらに感度が良く感じられる。

そして、オーロラ用に買った韓国製広角レンズ、“安物買いの銭失い” を覚悟してたんだが、これがナカナカ・・・自分が本物を見る目がないせいかもしれんが・・・いいんだ。

日本製もいいんだろうが、なにしろ価格差、品揃えの差がありすぎる。

今は自分も含めて、日本製信仰があるから少々高くてももっている面があるが、この先「日本製」は終わるぞ。



動画を見るとチラチラしてる。

どうしても画像処理の程度が一定しないので、しょうが無い。

まあ、本来のやり方が分かったらもっとましになるかもしれないので、そのときはやりかえよう。


撮影に2時間近くかかったので、途中、電池交換したり、画像が端に寄ったのを修正したりして少し流れが不連続になった箇所がある。

電池はなんとかならんかな。オーロラの時ほどではないが、寿命が短すぎる。
コメント(2) 

蒜山の天の川 [天体]

もう1ヶ月以上たってしまったが、蒜山高原に行ってきた。

この頃はずっと、天の川に凝っている。

言わずと知れたことだが天の川とは我々が属する銀河系だ。

と言っても、星に関心が無いときは「ふ~ん、それで?」てなもんだった。

しかし、よくよく考えるとこれは最も身近にある宇宙の姿かなという気がする。

たぶんこういう思いに至ったのは、テレビや新聞の記事や番組で宇宙が取り上げられる際、天の川の画像が目に触れるせいだと思う。

自分の知性や感性から自然と湧き上がったものではない。(自覚!)

そうであったとしても、やはり天の川の画像を見ればわくわくする。

・・・これもミーハー(=死語)なるが故?・・・

それなら、プロや専門家の写真を見れば十分だろう。

いや、やっぱり自分で写真に撮りたいのだ。

技術はもちろん機材も遠く及ばないのに・・・ナゼ?

なんでだろうね。

出来栄えにはがっかりしながらも、実感とか達成感が全然違うョ。


天の川は非常に淡い。

街灯りも障害になるが、月は同じ空にあるだけに影響が大きい。

でもって、天の川を撮すときは新月前後にすることにしている。

10月は17日が新月だった。

前日までは雲が多くて適さず、17日も予報ではあまり期待薄だったのだが、午後になってだんだん好転してきて、この期は外せないと、宿の晩飯をキャンセルして撮影場所に行った。

撮影場所は鬼女台(きめんだい)展望所。

蒜山から大山に向かうスカイラインの途中。

標高 900mで、大山、蒜山三座、蒜山高原が一望できる。

日没は17:35ということで、撮影開始の18:20頃はまだ薄明かりで、天の川は肉眼では確認しづらかったが、カメラにはちゃんと写っていて位置確認できた。

それから目に見えて天の川の姿が浮かんできた。

182856.jpg


183125.jpg



前の写真は山の姿を残すようにして天の川を際立たせていたのだが、後の写真は山の姿をシルエットまで暗くして天の川を浮き立たせた。

183621.jpg


184122.jpg



1時間も経つと画面にはくちょう座が入るようになり、夏の大三角や、あまりきれいではないが北アメリカ星雲も写ってきた。

185921.jpg


195222.jpg



ホントは時間が経つにつれ、天の川が右に(西に)寝てくるはずなんだが、おそらく広角レンズのゆがみによって端っこは内側に寄るため、見かけ上は直立を維持しているように見える。

この後、カメラの方向をずらしたところ、ちゃんと天の川が右側に傾き始めた。
コメント(10) 

よなぐに(与那国)の部分日食 [天体]

2020.06.21の日食で、最も大きく欠けるのは、近くでは台湾の嘉義市であり、金環日食になったはずである。(写真など見ていない)

よなぐにでは部分日食だが、細い三日月程度まで欠ける。

日本領内では波照間島が最も欠けたかもしれないが、それほど大きな違いではないはずだ。

問題は天候だ。

曇っていては元も子もない。

前日までの天候は、予報では曇りが多く、石垣島のそれが晴れが多いところを見ると、ここまで来てるのにとやきもきした。

それでも、予報と違って実際は晴れることが多く、当日もそうなってくれと願っていた。

願い通り、日食開始時点では晴れだったが、途中から雲が出てきて・・・、それでも薄い雲なら強い太陽光線は透過するので、カメラの露出や感度を調節して撮影可能だったが、最大食を過ぎたあたりから雲が厚くなり、ついに撮影不能となった。

まっ、最大食までは見えたので、よしとせねばなるまい。

近くで撮っていた青年も、同じように「まあいいか」という感じだった。

タイムラスプで、おおむね、1分に1枚撮って動画にしてみた。

途中撮影できてない部分もあるので、そのまま動画にするととんでしまう。

そこで継続的に見えるために、天文ソフトの日食アニメ画像を手直しして貼り付けてみた。

それに加え、欠けていく連続画像を1枚の画像にしたものを、貼り付けたくて、別のカメラの広角で撮っておいたのだが、そこからどうすればいいのか分からない。

ボツだ。安易に考えていた。




できあがってみればインターバルは30秒にすれば良かったなと思う。

やっぱり、動きがぎこちない。(アニメの動きがぎこちないのは自分が不器用なため)

それと、簡易的なもので持ち運びが容易な赤道儀がほしいな。

夜の天体を撮すんじゃないから、厳密なものでなくていい。

目視でとらえているから、カメラの角度を適宜修正しなければならない。

電池交換やら、厚い雲が出てくると、その後、太陽を探すところから始めなきゃいけない。

まあいいや。自己満足はできた。

次の機会があるかどうか分からんが、あればもっといい写真を!
コメント(3) 

よなぐに(与那国)の花と観光

6月18日から4泊、与那国島に行ってきた。

主な目的は21日の部分日食だ。

呉では欠け方が少ないし、季節的に梅雨のまっただ中だから、曇る可能性が高いと思ったから・・・。

といって、コロナがはやっている時節柄、外国にまで足を伸ばすには躊躇する。

そこで八重山諸島で、行ったことのない与那国島というわけだ。

当然、星空で有名な波照間島も考えたが、飛行機便がある与那国島にしたんだ。

予約したときには、早めにしないと取れないかもと思っていたが、いざその日が迫ってくると、行っていいんかなと気をもむようになった。

5月以前には町長以下、町の幹部?が役場前で「来ないでください」と呼びかける動画までアップされていた。

6月からは少し警戒が緩くなった雰囲気だったので、ホテルに問い合わせ、問題ないことを確認して出発した。

たしかに、そのころの沖縄は一時のコロナ感染の話題も下火になり、数字的にも落ち着いていた。

そういう点ではラッキーだった。

その後の感染再拡大の状況を見れば、コロナの中休みの時だったんだ。


部分日食の日、6月21日は夏至だ。

与那国島は北回帰線まであと1度だ。

その時、気づいたんだが、昼日中、影が伸びないんだ。

足下にあって・・・・!

いやあ、暑かったね。

小さい島を原付バイクで走っていたら、露出した腕が日に焼けちゃってやけど状態に・・・。

あわてて、日焼け止めクリームを買ったけど、準備不足だった。

ところでその暑さだけど、今日この頃の呉の方が暑いかも・・・。

外に出ないから日焼けの程度は分からないが・・・。


コトー診療所のロケ地がある。

与那国島自身は日本最西端の地ではあるが、小舟で木の葉のように揺られて、ゲーゲー船酔いしながら、やっとのことでたどりつくようなところではなく、石垣島や那覇まで飛行機便があるし、商店街もあって、こんな手作り感満載な診療所が似合うような島ではない。

中には柴咲コウが着ていたような白衣がかかっていたり、 コトー医師が乗っていた?自転車、ドラマを象徴する旗も展示してある。

ここに入るのに3百円なにがしのお金が要るのだが、それを取り出すために財布を出してそのまま、ポケットに入れて・・・多分・・・落としてしまった。

テーヘンなことになった。

駐在所に届けて(泣きついて)、自分でも探して、そうこうしているうちに、地元の女性が駐在所まで届けてくれた。

全財産+カード、免許証なのでホントに助かった。いくらお礼しても足りないぐらい、・・・受け取っていただけなかったが・・・。

まあ年のせいもあって、抜けてるわ!






与那国馬ね  これは行く前に知っていた。

普通に目の前に現れるから、ノラ馬か?と思ってしまうが、牧場の馬らしい。

原付を借りたとき、レンタカー屋のおじさんから「テキサスゲートは特に何もせず、スーっと通ればいいから、スーっとね」とレクチャーされた。

道を横断して数本の溝がある。

どうも、馬は足が挟まりそうで怖くて超えられないらしい。

言われたとおり、特に降りたりせず、そのまま、突っ切った。

ハンドルに相当ショックがくるが、おじさんに言われたから心置きなく走り抜けた。

お馬の親子は~の歌を地で行くような風景があちこちに見られる。

スライドにある東崎(あがりざき)の展望台の下は人ではなく、馬の涼み場所。


部分日食の撮影場所は西先(いりさき)灯台のとなりで・・・・。

その近くの、悲しい伝説のあるクブラバリやその周辺も開けていて景観もいいのだが、何しろ日差しを遮るものがない。
コメント(2) 
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。