SSブログ
2014.07.07 より

再び、三たび かに星雲(Crab Nebula M1)) [天体]

キャノンの改造デジカメを入手したので、今度はかに星雲に挑戦。

この前載せたα7sによる写真も捨てがたいが、なにしろ赤いフィラメントというのを見てみたい。

ということでこの写真。

0397~0513(90)レ・ト2回トリ1・オート縮.jpg


0397~0513(90)レ・ト2R回ト3.jpg



いやあ、「改造」の面目躍如というところかな。

血管のようにうねる「フィラメント」。

意図したわけではないのに作ったかのような画像だ。

この赤いフィラメントはプラズマなんだそうだ。

かに星雲の大きさは10光年ほどあるということ。

1000年前の超新星爆発が未だに活発に反応し続け、膨張し続けている。

天体レベルの時間経過は我々の一生的に見れば、止まっているも同然だが、実は事物は高速に変化し続けているのだ。



タグ:M1 かに星雲
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。