So-net無料ブログ作成
2014.07.07 より

蒜山 スノーフレーク

今日は朝から雨だ。

しとしとと降り続いている。

ウォーキングの日だったんだけど、中止だ。

このところというか、今年は雨が降らないまでも曇の日が多くて、一日中晴天といった日が少ない。

統計でも出ているかどうか、原因は何なのか知らないが、星空を撮そうと思って・・・良い日は? と毎日天気予報を見ていての実感だ。

もうすぐ11月だ。それなりに寒くなってはいるが、これも実感とはほど遠い。

というかこれについては進むのが早すぎる。


ネタがないので、4月に蒜山に行ったとき撮した花で、載せていないものを載せる。

DSC02817スノーフレーク1.jpg


DSC02819スノーフレーク2.jpg


DSC02819スノーフレーク3.jpg



麓の道路脇に咲いていた。

よくどこかの家の庭の隅に咲いていそうで、名前は知らない花。

スノーフレーク、別名スズランズイセンと言うそうだ。

スノーフレークというから「雪片(雪のかけら)」といった意味になる。

花びらの先端に緑の斑点があるのが特徴。

花言葉は「純潔」「汚れなき心」

まっ、見かけからそのままだな。

ヨウシュヤマゴボウ( 洋種山牛蒡)、ヒメジソ [周辺の雑草木]

ヨウシュヤマゴボウは最近家の近辺でもよく見かける。

花は一昨年にブログに載せている。

実のほうはまだ載せていなかった。

ウォーキングの帰り、海軍墓地の防護壁に何本か成っていて、瑞々しく見えた。

DSC03857ヨウシュヤマゴボウ.jpg



ちょうどどこかの保育園児が先生に連れられてドングリを拾いに来ていた。

通り過ぎようと思ったが、実がきれいだったので、一応写真に撮っていたら、チビどもが集まってきて「写真見せて」とか言ってきた。

てんでにビニール袋にドングリを集めていて、それを見てもらいたそうにしている。

落ち立てで虫にも食われていない、きれいなドングリだったので、褒めてやると、次々と並ぶようにしてやってくる。

このヤマゴボウも手で掴んで、汁で手のひらを赤くして喜んだり(先生注意)、黒と黄の立派な毛虫を見つけて報告したり(毛虫をつつくので先生注意)、面白かった。

おじいさんと呼ばずに、おじさんと呼んでくれるのもかわいい。


ヒメジソも調べると、以前ブログに載せていることが分かったが、せっかく準備したので載せる。

DSC03863ヒメジソ3.jpg


DSC03864ヒメジソ1.jpg


DSC03865ヒメジソ2.jpg



顕微鏡写真も新しいものを思い切ったので載せる。

ヒメジソDino.jpg



やはり高いものはいい。

安物買いの銭失い!

ハナカタバミ [周辺の雑草木]

ブログもウォーキングも山歩きも何もかもサボってボーッとしていたが、ようやく再開したウォーキングコースの道端。

DSC03851ハナカタバミ1.jpg


DSC03852ハナカタバミ2.jpg


DSC03856ハナカタバミ3.jpg



イモカタバミ由来の園芸種が逸出して雑草化したもの。

ムラサキカタバミやイモカタバミと比べ、花はかなり違うように見えるが、大きな葉っぱはちゃんと三つ葉になっている。

その後、この場所以外でも道端や空き地でよく見かけるようになった。


再開したウォーキング、もっと疲れると思っていたが、意外と歩ける。

これならもっと続けて、来年の春にはまた低山だけでも行って見たいな。

三瓶山室内池(むろのうちいけ) ヤブデマリの実

三瓶山は火山で、その活動が収束した後、その中心部分が陥没した。

その中心部分に水が溜まった池が室内池だ。

周辺は山で囲まれていて、そこを越えて入る。

時間のやりくり上、三瓶に着いた足でリフトに乗り、女三瓶と孫三瓶の間の鞍部に上がり、そこから室内に降りた。

DSC03515室内池1.jpg


DSC03520室内池2.jpg


DSC03533室内池3.jpg



室内には流れ込む川もないが、池の水が出ていくような川もない。


室内を囲む山は、阿蘇山の例でいえば外輪山となるのかなと思っていたが、そうではないらしい。

男三瓶や女三瓶、子三瓶、孫三瓶、日影山はいわゆる溶岩ドーム、大平山は火山噴出物でできている山だそうだ。


室内は、いい季節に行けばいろいろの花に出くわすかもしれないが、このたびはあまり収穫はなかった。

カワラナデシコ、アキノタムラソウ、ママコナぐらいかな。数も少なく、見事なものには行き当たらなかった。


そこで代わりに「ヤブデマリ」?の実。

DSC03516ヤブデマリ1.jpg


DSC03514ヤブデマリ2.jpg



おそらくヤブデマリ。

花は去年、臥竜山で見た。葉がそっくり。

鮮やかな赤い実が沢山あった。

三瓶山の花その4 フシグロセンノウ(節黒仙翁)

名前の由来からいうと、フシグロは節黒で茎の節が膨らんで黒ずんでいるから。

そのままだ。

センノウというのは、中国原産の薬草にセンノウ(仙翁)があり、それに似ていることから付けられた名前のようだ。

ナデシコ科センノウ属の多年草


初めて見たのは県北の山の薄暗いところで、場違いのようにポツンと咲いていた。

今回の写真は、宿舎から孫三瓶へ登る途中で、けっこうまとまって、きれいに咲いていたので、再び取り上げた。

DSC03555フシグロセンノウ2.jpg


DSC03553フシグロセンノ1.jpg


DSC03555フシグロセンノウ2_2.jpg



この時期の山の中で朱色(オレンジ色)にぱっちり咲く花は珍しく、感動的。

まあ、この時は暑いし、年齢やトレーニング不足もあって、自信がないので、まず子三瓶に登って、それから孫三瓶にと・・・・。

余裕のあるプログラムのはずが、予想以上の暑さ、体力不足に加え、アブとブヨの襲来。

Tシャツに薄い長袖シャツの服装で始めたのだが、暑さ、無風に耐えられず、上着を脱いだところ、アブの編隊につきまとわれる始末に。

ブヨの集団もアタックするも、これは虫除け剤の効果で、鼻や目に入ってくるうざさはあるものの、あまり刺されなかったが、アブは違う。

Tシャツの上から刺してくる。

アブが留まったと思えば手や杖、タオルで払うが際限がない。

牛のしっぽが欲しくなる。

特に写真を撮るために止まって集中するときがもっとも危険だ。

ついに手首から血が流れているのを発見。知らないうちに深く刺されていたのだ。

翌日から腫れはじめ、手を握ると団子のようになってしまった。

これで情けないことに意気消沈し、子三瓶は諦め孫三瓶だけにの登って退散した次第。


三瓶山の花その3 ネムノキ(合歓の木)

ネムノキは大きな木で、花はその高い部分にある。

DSC03587ネムノキ1.jpg


DSC03591ネムノキ2.jpg



上の写真は三瓶山を周回する道路沿いにあったものだ。

下は池の畔にある庭園のもので、木は剪定されて整っているが、花は少し盛りを過ぎている。

DSC03646ネムノキ3.jpg



花を見た感じでは想像が及ばないが、これ豆科なんだそうである。

豆科というとエンドウ豆を思い浮かべるが、その花は例のごとくチョウチョのような感じである。

ところがこれは同じ豆科でもネムノキ属。

花びらは目立たず、真上に突出した線状の飾りのようなのは雄しべなんだそうだ。

確認してはいないが実は鞘に入っていて、やはり豆科の面目を保っているようだ。

ネムノキという名前は、夜になると葉が閉じて、眠っているように見えることかららしい。

古代からそのように捉えられ、合歓(ねぶ)(眠り)の花と呼ばれ、万葉集にも歌われている。

学校で習った「芭蕉」の俳句に

「象潟(きさかた)や
  雨に西施(せいし)が
  ねぶの花」

がある。

当時の象潟は松島と並ぶ景勝地、西施は傾国の美女。

象潟や西施と並べられるほどの美しさということだ。

「合歓の花」はぱっと見、女性の髪飾り(かんざし)に見えるからじゃないかと思ったのだが、どうもそういう解釈はないらしい。

三瓶山の花その2 スイレン

昨日載せた「エゾミソハギ」咲いていた池、姫逃池(ひめのがいけ)にスイレンが浮かんでいた。

スイレンの季節は長いが、ちょうどまっただ中の季節だ。

スイレンはこのブログでも何回か載せていて、いずれもちょうどこんな感じの池だ。

DSC03639スイレン1.jpg


DSC03628スイレン2.jpg


DSC03625スイレン3.jpg


DSC03627スイレン4.jpg



この透き通るような色合いが美しい。

ピンクは少数派だが、それだけにより引きつけられる。

死んで天国に行けたら、座るのは蓮の花ということになっている。

スイレンは小さいから座れそうにないが、死んでからのサイズは分からないから、もしかしたら座れるかもしれない。

まあでも、せっかくの待遇ではあるが、すぐ腰が痛くなって足を投げ出してしまうだろうな。

そしたら神様(仏様?)にどやされて、池に沈むのがオチだ。

三瓶山の花その1 エゾミソハギ

8月の初めに三瓶山に行った。

途中まで三江線沿いになる国道375号線を通って。

以前(2010.05)にも行っているが、そのときも碌な写真が撮れず、ブログに掲載した花の写真は「ヤマルリソウ」のみ。

この時は元気だったんだろう、女三瓶→男三瓶→子三瓶→孫三瓶と一周した記憶がある。

ただ、例によって具体的なことは憶えていない。

登山道が荒れている部分があったことぐらい?

室ノ内(旧火口)には降りていない。


ということで、以前の元気も体力もないので一周は無理だろうが室ノ内は見ておきたいと言うことで出かけたのだ。


話は前後するが、まず載せる花はブログ初のものということで「エゾミソハギ」。

まあガイドブックにも載せていない、大して珍しい花ではないが、本ブログ初登場だ。

宿泊したのは三瓶温泉で、その反対側が青年の家などがある男三瓶の登り口であるが、そのあたりに姫逃池(ひめのがいけ)という『伝説』の池がある。

「エゾミソハギ」はその畔に咲いていた。

DSC03615エゾミソハギ1.jpg


DSC03618エゾミソハギ2.jpg


DSC03620エゾミソハギ3.jpg


DSC03621エゾミソハギ4.jpg


DSC03622エゾミソハギ5.jpg




水辺に育つ草で、「ミソハギ」と類似しているが、葉が茎を抱くように付いていることが違いなんだそうだ。

ゴチャゴチャしているように見えるが、花一つ一つはきれいだ。

三江線 その2

三江線の続きだ。

始発の三次から出て二つ目の駅に「粟屋駅」がある。

写真は並行している375号線の高みから撮っているが、駅舎はヤブの陰で見えない。

駅から発進して直後だ。

DSC03712三江線粟屋駅付近3.jpg


DSC03714三江線粟屋駅付近4.jpg



汽車が三次駅を出発して30分余りで「香淀(こうよど)駅」に着くが、そこから発進してすぐのところに江の川を渡る鉄橋がある。

もう午後になっていたので、撮影位置からすると逆光になってしまった。

それでも1両編成の汽車が鉄橋を渡っていく姿は、江の川の水面とあいまって、どこか果てしない地にまでトコトコと走っていくような感覚になる。

車輌自体は広島の街で走っていてもおかしくない姿なのに、それが人影も見えない静寂たる地を走っていくからだろうか。

DSC03817三江線香淀駅付近.jpg


DSC03824三江線香淀駅付近2.jpg



香淀駅から昨日載せた「江平(ごうびら)駅」を過ぎて「口羽(くちば)駅」に着く。

三江線の駅は無人駅だから駅舎というより停留所といったおもむきのものが多いが、この口羽駅は立派な瓦葺きの駅舎でなかなかかわいい。

DSC03799三江線口羽駅2.jpg


DSC03800三江線口羽駅.jpg



鉄橋や高架など三江線は莫大な資産だと思う。

もったいないというのは簡単だが、継続を叫んだ人でもどのくらいの人が利用したんだか。

さして観光資源もなく、過疎化で通勤通学者も少ないとなれば仕方ないのか。

老人がたまに病院に行くぐらいでは・・・それさえも利用していたのかどうか。

しかし、375号線を車で走ってみると、かなり細い道が残っている。

普通のバスは通れない。

今、拡幅の道路工事をやっている最中のようだ。

代替バスのルートがどうなるか知らないけれど、今すぐでは単純な置き換えはできない感じだ。

三江線

盆を過ぎたくらいから咳が続いて、たいしたことはないのでほっておいたのだが、なかなかなおらないので、医者に行ったら「咳ぜんそく」じゃないかという。

風邪を引いたら鼻水やくしゃみが出て、咳も出るのだが、今度ばかしは咳だけ出る。

咳が出るからやる気が失せるのか、咳が出るのを言い訳にしてさぼるのかわからないが、夏の暑さもあってブログをずっとサボってしまった。

そもそも外出せず引きこもっているからブログネタもないのだ。

だが、ようやく夏の暑さも収まり、今や冬の入り口じゃないかと言うぐらい朝が寒くなった。

医者の薬が効いたのか、直る時期だったのか分からないが、咳もようやくおさまった。

何に対しても興味が失せていたのが、少し好奇心が復活してきた。


さて、三次と島根県の江津を結ぶ三江線。

再来年の3月で廃線になるという。

この前、三瓶山に行くのに車で国道375号線を通ったが、その沿線に三江線があるのだ。

375号線は呉から島根県の大田までだから、三江線は三次から島根県の美郷町までほぼ沿っている。(美郷町から分かれることになる)

その車から見るとほんとに趣のある鉄道なのだ。

まあ、鉄道の立場からすれば、見てほめられてもうれしくはなく、「そこまで言うなら乗れよ!」ということになるのだろうが。

それは重々承知なのだが、まあ今回はその姿を撮りたいのでパスし、廃線までには一回は乗ってみたいなと思う。

なんと一回も乗ったことはないのだ。

自分は島根県安来の出身だから、芸備・木次線は何回も乗っているが・・・・。

用もないのに乗ること自体が目的というのは、まだなじめないのだ。

写真はこの前の日曜に、主に375号線から撮ったものだ。

三江線は江の川沿いを走っているのだが、川と山の間の狭い隙間に線路が敷いてあって、だからかなりの区間が高架になっているし、何回も江の川を横切る鉄橋がある。

今作ったら相当お金がかかる代物だと思う。

風情があるが、もったいない話だ。

江平(ごうびら)駅の付近の様子。

DSC03732三江線江平駅付近.jpg


DSC03752三江線江平駅付近2.jpg


DSC03838三江線江平駅付近3.jpg


DSC03843三江線江平駅付近4.jpg


DSC03849三江線江平駅付近5.jpg



江の川の水面が美しい。

石見都賀(いわみつが)駅付近の鉄橋。

DSC03777三江線石見都賀駅付近.jpg



大部分の区間はのろのろ走っているが、このへんはけっこうスピードを出す区間だ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。