So-net無料ブログ作成
2014.07.07 より

2016晩秋灰が峰 その2 [灰が峰]

昨日の続き

最高潮の文字通り“紅葉”を観た代償とは?


8月に買い換えたばかりの、今や分身の、遠近・乱視矯正メガネの紛失。

1回目は昼食のカップ麺を摂った場所に忘れて、かなり下りたところから登り返し、回収し事なきを得た。

しかし、2回目は登山道から転げ落ち、胸ポケットに入れていたメガネを紛失。

林道から下の急斜面をジグザグに作ってある登山道は細いが、今まで一度も落ちたことはなかった。

しかし、今回は、多分バランスを崩し、道の端の草むらに足を乗せたために、そこが崩れ落ちたのだと思う。

船越英一郎が出るようなサスペンスドラマではこのような崖や歩道橋の階段などから突き落とされ、転がった末に石とか物の角に頭がぶつかり、そのまま昇天!といった安易な筋立てがよく見られる。


死に至るなんて100回に1回程度しかないと思われるシチュエーションだ。

しかし、あの確率であれば、俺も白目をむいて昇天していても不思議じゃない。

何しろ転がった末に子供の頭大の石に頭がゴチンとぶつかり、止まったからだ。


そこから這い上がり、しばらく下りたところでメガネがないことに気がついた。

また、とって返して探したが見つからなかった。

きのう、眼鏡屋に注文した。痛い出費だ。

メガネが身代わりになってくれた、“生け贄”?と思おう。

なんて冗談にも成らない。


代償のもう一つは、今、活用しかかっていたスマホだ。

眼鏡屋から帰ってみたら、画面が真っ暗になっていて、立ち上がれなくなっていた。

格安スマホだからか?

これもショック!  泣きたい。修理に出すことに、当分使えない・・・・。


そんな代償で得たこの“紅葉”を載せる。

DSC04056.jpg


DSC04060.jpg


DSC04064ト.jpg


DSC04094.jpg


DSC04109.jpg


DSC04123.jpg


DSC04129.jpg



大体、写真に撮ると臨場感が無いように感じるのだが、さすがに今回は写真でもなかなか迫力がある。

自画自賛だがね・・・。

2016晩秋灰が峰 [灰が峰]

きのうは終日良い天気になるという予報だったので、灰が峰に上がった。

家から見上げる灰が峰はやや色づきはじめとは見えるが、どうかな?まだ早いかなという感じだった。

でも、この時期の季節の歩みは早く、去年はピークを過ぎていたということもあり、登ってみた。

中腹の林道まではやはり早かったかという感じだったが、それより上は見事だった。

こんな燃えるような赤は初めて見た。

すばらしかった。

ジジイが一人で見て感動したといっても絵にならないし、始まらないが、本当にそうだから仕方ない。

DSC04026.jpg


DSC04032.jpg


DSC04040.jpg


DSC04047.jpg


DSC04049.jpg


DSC04051.jpg


DSC04055.jpg



ちょうどタイミングが良かったんだろうな。

去年のような「登山路に敷き詰められた紅葉の絨毯」とかの修飾語や、若干の派手目画像処理も必要なかった。

もちろんジジイ一人ではなく、「イイネ!」「すごいね!」といい合う連れがおれば最高なんだろうが、まあ無い物ねだりしても仕方ない。

夢中でたくさん写真撮ったから、しょうがないから明日も載せるが、でもこの代償もそれなりにあったんだ。

今日はその後始末に憂鬱な一日を過ごすはめになってしまった。

今は雨が降っている。なみだ雨だな。

野呂山 「星降る展望台」より 「アンドロメダ座大銀河」 [天体]

野呂山山頂にての天体撮影

北アメリカ星雲・ペリカン星雲のあとにアンドロメダ座大銀河を撮った。

ピントずれには気づかないままなので、不具合はそのままである。

仕方ない。

IMG3439~3508(70)レ・ト3・スタシャ花子.jpg



けっこう明るいので、山頂だからと言ってめざましい写真ではない。

まあ、望遠ズームレンズで枚数も少ない(露出時間が少ない)わりにはよく映っているかもしれない。


去年10月に自宅で撮ったもの

DSC8353~8585(200)加平レ・周減ト・トリCB2.jpg



ソニーのカメラα7sのせいか、この方がよく撮れている。


去年9月に800㎜望遠鏡で撮ったもの

IMG8818~9073(220)加平レト周減デジ.jpg



カメラはキャノンEOSで撮像面が狭いこともあり、かなりはみ出ているが、細かいところもよく映っている。

野呂山 「星降る展望台」より 「北アメリカ星雲」、「ペリカン星雲」 [天体]

北アメリカ星雲撮影はなかなか実現できていなかった。

自宅裏庭では撮影位置には問題ないものの、オリオン座大星雲のように明るい星雲ではないので、普通のカメラ(改造してないカメラ)では映りにくいし・・・・、

星雲(の視角)が大きいので、手持ちの望遠鏡「R200SS」は焦点距離800㎜では完全にはみ出してしまい、この望遠鏡、焦点距離を縮められるレデューサーがない・・・・、

隣のペリカン星雲と並べて撮りたいのだが、このペリカン星雲がさらに淡い・・・。


それでも改造カメラを入手して後、自宅裏庭から何回か挑戦している。

しかし、当たり外れがあり、良いときもあれば全然だめなときもあった。

多分、空気の透明度によると思われる。


焦点距離の問題については改造カメラ(キャノン)に付けられるシグマズームレンズを買った。

安物だから実際に映るかどうか実証例は見つからなかったが、ともかくいろいろ試してみることにした。

まずは裏庭を出て、初の出張撮影地野呂山に・・・!

IMG3287~3356(70)レ・ト3・トr2・スタシャ・周減tx.jpg



上の写真、ズームレンズの焦点距離を200mmに合わせ、シャッター30秒、70枚の重ね合わせだから、約35分の露出となる。

北アメリカ星雲はちゃんと入っているし、ペリカン星雲も・・・何とか、ひいき目で見ればペリカンの形に見えるだろう?

ただ、この両者を写真の中心にもってきたかったのだが、カメラのモニタ-画面ではペリカン星雲の位置がよく分からず間違えてしまった。

カメラモニターの角度が動くと良いのだが、本体に固定なので真上近くを撮すときはモニターを見上げるようになる。

これは苦しい。

よく目立つ星の位置を憶えていて、それで見当を付ければよかったのだが、憶えたつもりでもすぐ忘れてしまう・・・。

さらに、ISO、やシャッタースピードに応じて被写体が明るくなれば便利なんだが、このカメラはそれもない。

そして決定的なこと・・・。

ピントがずれて、星が大きくなってしまい全体が不細工になった。

撮影開始時に明るい星でピントを調整したのだが、目が悪く、見誤っていたらしい。


比較に今年7月に自宅裏庭で撮った写真を載せる。

IMG2834~2923(90)加平レ・ト2tx.jpg



カメラ、レンズは同じで、露出時間は45分だ。

気象状態が同じじゃないから、これだけで一概に比較はできないが、相当違うような気がする。

やはり野呂山効果か?

しかし、こちらはピントが合っていてきれいだ。


さらに参考として、去年載せた800㎜望遠鏡での写真。

IMG7853~7962(110)加平続スタシャ・デジ・ネピュラ.jpg


IMG7249~7409(150)加平レ・ト・デジ・ネピュラ・トリ.jpg



くやしい。再度挑戦だ。

野呂山 「星降る展望台」より 天の川 [天体]

今月3日は良い天気だったので、野呂山で星の撮影を試みた。

その前にも行ったことがあったんだが、途中から雲が広がったりして、戦意を喪失した。

喪失した原因には、それ以外にも、見上げると星が多すぎて、かえって特定できなかったという笑えぬ事情もあったのだが・・・。

自宅裏ではよく輝く星(2~3等星以上)しか見えないので、あまり迷うことはないのだ。

こういう経験、島根の実家の田んぼの道でもしたな・・・。


まあこの日は、2回目なので落ち着いたせいなのか迷うことはなかった。

それに、この間からガラケーに替えてスマホにしたのだが、それにある星座ソフトが優れもので、とても役に立つ。

スマホにあるものでは、そのほかに、水準器とかコンパスとかあり、コンパクトだからとても助かる。


といってもこの日も相変わらず不具合をやらかしたので、うれしげに載せるようなものではないが、まず天の川を載せる。

まず、撮影場所たる「星降る展望台」より眼下の蒲刈島と安芸灘大橋。

DSC03895明ト.jpg



展望台と言っても、誰もいないし、来ない。

「星降る」となっているわりには、ビックリするような星の数ではないが、天の川は何とか見える。

肉眼で見える天の川を撮す。

天頂から西寄り方面

DSC03904レ・ト2・ネビュ・スタシャ花子.jpg



今度は東寄り方面

DSC03911レ・ト3・ネビュ・スタシャ花子.jpg



真ん中あたり

DSC03919レ・ト3・ネビュ・スタシャ花子.jpg



ISO12800でシャッター開時間5秒としたが、ISOはもっと大きくすればよかった。

大きくして画面が荒れることを心配したのだが、結局画像ソフトで強調せざるを得ず、画面はもっと荒れてしまうからだ。

また、今回はすべて1枚撮りだが、やはり複数枚の重ね合わせもが必要かもしれない。


そうはいっても、天の川の独特の濃淡模様は何とか撮れている。

これが我が銀河なんだなあ。

モクモクと雲のように見えるのは星粒の集まりなんだ・・・とか、一応感嘆してみる。

いきなりの三段峡 [県北の山]

テレビの朝のニュースで「見頃!」と聞かされ、絶好の日和であったのも相まって衝動的に出かけた。

実際は少し早かったか?

あまり紅葉の見栄えはよくなかった。

去年もそうだったから、夏の天候がよくない(曇りがち)ことも影響しているかもしれない。

どう影響しているかは言えないが。

時期としては真っ最中のはずなんだが、もしかしたら10月の暖かさで遅れているのかもしれない。

ということで、紅葉しているところを探すようであったわけだが、天気はよかったので気持ちはよかった。

DSC03947処tx.jpg


DSC03958処tx.jpg


DSC03964処.jpg




三段滝

DSC03972処tx.jpg



人出はそれほどでもなかったが、やはり外人さんもちらほら。

観光地と言っても、こんなローカルなところに!といつも思う。

渓流沿いにはシラヤマギク 歯抜けの花びら

DSC03946シラヤマギク.jpg



ツツジもあったが・・・ツツジの季節っていつまで。

ゲル中 炭酸マグネシウム・カルシウムの結晶 [実験]

この2,3日は快晴の日が続いた。

このところずっと曇りがちで、小雨が降ってくるような天気だったのに久しぶりだ。

そういうことで、先の3日の夜には野呂山で星を撮影してみた。

その前に、偵察的に行ってみていたのだが、そのときは雲が出て中止していた。

3日の夜も、いろいろ不具合はあったが撮影はできた。

これからは我が家の庭にこだわらず、撮影対象も増やせそうだ。


きのうは急遽、三段峡に行ってみた。

NHKの朝のニュースで「紅葉が見頃」と聞いたからだが、それほど「見頃」ではなかった。

それでも良い天気でスカッとした。

今日も良い天気なのだが、朝、墓参りしただけで、休養しよう。



さて、結晶の続き

炭酸マグネシウムは沈殿しにくいというのは以前のブログに書いたが、カルシウムとの混晶は得られやすいというような情報を化学大辞典で見たので試みた。

上層の液層には塩化マグネシウムと塩化カルシウムの0.1M溶液

下層のゲル層には炭酸アンモニウム0.15Mを仕込んだ。

その結果がこれ。

DSC02920_111_11tx.jpg



取りだした結晶

111-11-2.jpg


111-11-3.jpg



試験管中の結晶は丸い粒で、ゲル上層では若干縞模様を形成する。

これも、不思議なことに液層のガラス壁にも薄い縞模様が現れた。

結晶は、大きいもので直径0.5mm程度の小球だ。

小球は白色不透明だから微少結晶が集積したものだろうが、正確な球状だ。

ゲル中 リン酸マンガンの結晶 [実験]

マンガン元素は、周期律表でいうと鉄の左隣にあり、飲料水などの水質検査では鉄とコンビで分析されたりと鉄の兄弟のイメージがある(自分だけかも)。

しかし、リン酸塩との関係では鉄とずいぶん挙動が違う。

どちらかというとカルシウムの挙動に近い。


で、リン酸マンガンの結晶を得るために、試験管の上層にリン酸2ナトリウムの水溶液を、下層のゲル層に硫酸マンガンを配した。

その結果はこうだ。

DSC02918_111_01tx.jpg



ゲルの上層にはリーゼガング現象のような縞模様ができた。

結晶は小球の粒のように見える。

そして、リン酸銅の時と同様、上層の溶液層のガラス壁にも縞模様ができた。

またまた何だろね!


結晶を取りだして顕微鏡写真を撮る。

111-01-3.jpg


111-01-2.jpg


111-01-1.jpg



写真によって色合いが違うが、光の当たり具合の違いだ。

おおむね淡いピンクといったところ。

2価のマンガンイオンの色だ。

驚いたことに小球の粒だと思った結晶は針状結晶の束のようなものだった。

ゲル中 リン酸マグネシウムの結晶 [実験]

リン酸マグネシウム(Mg3(PO4)2)の溶解度を調べると非常に小さい。

これだとリン酸塩、マグネシウム塩のそれぞれの水溶液を混合すれば直ちに沈殿ができるはずだ。

しかし事はそうは運ばない。

多分、中性付近ではMg3(PO4)2ではなく、たとえばMg(HPO4)やMg(H2PO4)2などが形成され、それらが一定の溶解度をもっているためと思われる。

同様に炭酸マグネシウム(MgCO3)も炭酸カルシウム(CaCO3)ほどではないが、小さい溶解度にかかわらず、炭酸水素ナトリウム(重曹)水溶液と塩化マグネシウム水溶液をあわせても容易には沈殿を生じない。

これもMgCO3ではなく、Mg(HCO3)2を形成しているためではないかと思われる。


そこで、上層の水溶液には塩化マグネシウム、下層のゲル層にはリン酸2ナトリウムとともに、炭酸アンモニウムを加えてみた。

そしたら見事に結晶が生成した。

DSC02920_111_10tx.jpg


111-10-1.jpg


111-10-2.jpg


111-10-4.jpg


111-10-6.jpg


111-10-7.jpg



炭酸塩よりリン酸塩の溶解度が小さいので、表題には一応リン酸マグネシウムとしたが、炭酸マグネシウムとの混晶かもしれない。

当然、分析すれば分かることだが、当方、定量分析をする構えもしていないし、そこまでの意欲もない。

まっ、そのうち分かるだろう。

それにしてもこの結晶、斜めに交わる十字架やX字型。

たまたまその形になったものではなく、大きさは違えど相似形の結晶が沢山できている。

結構大きいものもある。

あらためて結晶の形態とはどのような要因によるものか考えさせられる。

ゲル中 リン酸銅の結晶 リーゼガング環 [実験]

我がブログに載せている一連のゲル中結晶物質はすべて水難溶性のものである。

つまり、複数の水溶性物質が試験管中のゲル内で合体して難溶性物質ができ、それが結晶化したものだ。

ゲル内だから水の対流などの移動の影響を受けず、当該物質の拡散だけによって反応が進行するから、結晶生成が非常にゆっくりで整然としている。

だから、ただの水溶液中での反応だと急速に沈殿物が生成するものでも、このような条件だとはっきりした結晶型になる場合があるのである。

またできた結晶は水に溶けないから、水晶に近い感覚を味わえる。

といってもきれいな結晶が得られるものはそう多くない。

まあいろいろやってみるしかない。


リン酸銅

まずは上層の水溶液中にリン酸塩、下層のゲル中に硫酸銅を仕込んだもの。

DSC02918_111_02合体.jpg



リーゼガング現象のように縞模様になるのが面白い。

上下の塩類濃度がほぼ同等でもこんなになるんだ。

不思議なのは上層ガラス壁にも青い縞模様ができたこと。

右側にそれを強調した画像をくっつけている。

これもリーゼガング環なんだろうか? だとしたらその生成メカニズムは?


縞を形成したものはいわゆる結晶状のものではなく、微結晶または不定形の微粒子が小さな球状になったものだった。

取りだしたものを写真に撮る。

111-02-3.jpg


111-02-1_目盛り.jpg



その小球も濃い青色と淡い水色のものがあり、淡いものの方が小粒になっていた。

おそらく、リン酸と銅の比率が違うものと思われる。


次には上層に硫酸銅溶液、下層のゲル層にリン酸2ナトリウム

DSC02915_112_06_a23.jpg



同じように縞模様を作るが、前者ほどはっきりしない。

ただ、生成した小球の色合いなどは前者とほぼ同じだったが、やや粒が小さめか。

112-06-2.jpg


112-06-1.jpg


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。