So-net無料ブログ作成
2014.07.07 より

西表島・浦内川遊覧の続き

いやあ、今日はまたも絶好(何に?)の快晴だ!

今日は洗濯に家の掃除だ。

掃除って、本当は家事につきもののプログラムだから、年末の大掃除以外は掃除したとは特に言わないよな。

それぐらい掃除というものをしなくなった。

でも、時々はしなくては、いわゆる衛生上のみでなく、精神衛生上も良くない。



それでは浦内川遊覧の続きだ。

今時はどこでもそうかも知れないが、船頭さんが親切だ。

もちろんいろいろ説明してくれる。

船頭さんて、無口でぶっきらぼうで・・なんてイメージはまるでない。

途中でカンムリワシが留まっているのを見つけて教えてくれた。

俺、人が指さす対象を探すのが苦手だ。

苦手意識があるから、ワシがどこかは分からなかったが分かった振りをしようと思ったぐらいだ。

他の人は「オウオウ」と見つけて喜んでいる。

分かった振りをせず、船頭さんに何回も聞いてやっと見つけた。

DSC04626t2カンムリワシ.jpg


DSC04627tカンムリワシ.jpg



船頭さん「今日はサービスがいいで、じっとしてる」

石垣島に来てから、平久保崎で空中に停止してくれたトリ。

天文台付近でのっそり現れて「撮ってくれよ」と言わんばかりだったクジャク。

そしてこのカンムリワシ。

みんな自分の役どころを認識してるんかな。



この遊覧船、川の奥の折り返し地点から、二つの滝まで往復するトレッキングコースがある。

チケットを買うとき、「トレッキングどうしますか?行かなければそのまま船に乗って帰るだけです。」

なんかこう言われると、そのまま帰るのは惜しい気になって歩くことにした。

季節がいいので、それほど暑くなく快適だった。

しかしけっこう道のりがあり、指定された船便の時刻までにギリギリだった。

でも、結局、同船客で、滝まで行ったのは俺と外人(欧米人)カップルだけだったんかな。

この外人カップル、若いし、足が長いから歩くのが速い。(俺が遅すぎる)

滝に着いたら女性が水着になって、くつろいで写真撮ってた。

水着は狙わないように写真を撮った。



マリュドゥの滝

DSC04633.JPG



カンピレーの滝

DSC04637.JPG


DSC04639.JPG

西表島のマングローブ

今日は朝からけっこう強い雨が降り続いている。

予報では、宵の口まで続くという。

カープの試合は流れるかな・・・。



3月の石垣島旅行は良かったな。

といって、何かこれといった「成果」があるわけではない。

要するに“これぞ観光!”といったことはしないで、家に居るのと同じ感覚で出歩いたことが良かった。

またこんなことしたいが、お金がね・・・。


石垣島に行くと、離島観光という言葉に出くわす。

本土や沖縄本島から見れば石垣島自体も離島なんだが、ここでは石垣島は八重山群島の中心だから、離島とは西表島をはじめ近くは竹富島、遠くは与那国島などの島々が離島なんだ。

石垣市はこのあたりの都会だ。

石垣島でもまだ行ってみたいところは残っていたが、離島観光とやらを一つもせずに帰るのもなんだなと思って、西表島に行ってみることにした。

西表島では仲間川の遊覧船ていうのが定番のようなので、朝、その時刻を問い合わせると、もうその日は間に合わなかった。

午後の方が客が多いんじゃないかと思ったが、午後は潮がないんで運行ができないんだと。

なるほどね。

で、もう一つ、島の反対側の浦内川の遊覧船に乗ることにした。

上原港に着いて、遊覧船乗り場を聞いたら、ハア~?という顔のおばさん。

「遠いよ・・・」とめんどくさそうな答え。

近くのレンタカー屋でバイクを借り、遊覧船乗り場に行く。

まあ、のんびりしているというか、いまごろは“はしかいい”という表現がぴったりするような観光案内が普通なのに・・・。

あとから見ればバスもあった。ちょっとだけ割高だったな。

まっ、準備がないから仕方ない。


浦内川は仲間川ほど水深の心配がないようだが、それでも時々停止するほど速度を落として底をこすらないように進む。

浦内川のマングローブ 遊覧船から撮したもの

DSC04608.JPG


DSC04621.JPG


DSC_0124.jpg



木の名前は自信がないから、名札があるものだけ

ヤエヤマヒルギ

DSC_0096.jpg



オヒルギ

DSC_0094.jpg



サキシマスオウノキ

DSC04615.JPG



これは八重山では有名な木で、露出した木の根が大きな板状になっている。

昔はこの「板」を利用して船の舵にしたりしていたらしい。


オキナワウラジロガシ
これは遊覧船からではなく、奥の船着き場から滝までのトレッキング途中にあったもの

海から遠いし、水にも浸かってないのでマングローブといえるかどうかはあやしい。


DSC_0106.jpg


DSC_0108.jpg



これも根が板状になっている。

根が板状(板根:バンコン)になっているのはヒルギでもそうで、マングローブ林の特徴のようだ(よくわからないが[わーい(嬉しい顔)])。


芸備線小奴可駅付近

学生時代、帰郷するときは芸備線のお世話になった。

といっても、島根県に帰るのだから備後落合から木次線に変わるのである。

備後落合から先、新見までの芸備線はまるで知らない。

三江線も廃止と決まっているし、どういう様子かなと気になって時刻表を調べて汽車を待った。

要害桜の最寄り駅小奴可駅付近である。

桜の付近は少し高台だが、このあたりはまるで田園である。

本数は上り下り各3本。

朝と晩と昼である。

昼の方の新見方面行きを待ち受けた。

アングルがいまいちピンとこない絵になったが、まっ、下調べも不十分だしこんなもんだろ。

DSC04979芸備線2ト.jpg


DSC05024芸備線5ト.jpg



シャッターを押すのに手一杯で、撮っているときはよく見ることができなかったが、乗客は居るのかな。

まっ、カラかそれに近いね。

朝晩はそれでもいくらかは乗っているだろうが・・・・。


ところでいつも思うのだが、このような1両編成の鉄道車輌はどう呼べばいいのだろう。

1両だから、列車ではない。

もちろん、電車ではない。

とするとやっぱり汽車か・・・。

汽車というと・・キシャキシャ シュッポシュッポという蒸気機関車を思い浮かべてしまうのだが、これはジーゼル車だろうから、気動車。

ちょっと字が違う。

気動車、とかジーゼル車と呼ぶのは、少し言葉としてロマンが足りないというか・・・。



いい天気の中、汽車を待っている内に白い花びらに斑点のあるすみれを見つけた。

すみれの定番模様といえる条がない。

DSC04963.JPG


DSC04966.JPG



我が山野草のバイブル「広島の山野草」に載っていない。

ネットで調べると、けっこうそこかしこに出ていた。

ヴィオラ・ソロリア・フレックルスという、すみれではあるが元園芸種のようだ。

それが、今では野に出て、野生化しているという。

フレックルスというのは“Freckles”で、Freckleはソバカスなんだそうだ。

斑点はソバカスだ。

別の和名として「フキカケスミレ(吹き掛け菫)」というのがあり、青インクを吹きかけたような模様ということだ。

たしかにソバカスより実感があるな。

昔、ペンのインクを補給するのに、飛び散らせてしまったときのような・・・。

そよ風だが、風があって少し花が震えていたせいか雄しべあたりがぼやけてしまった。


千鳥別尺ヤマザクラ

今日は一日中、雲一つない晴天!

青空の青が、久しぶりに見る青、真青?

家に居るのがもったいない感じだったが、一日中家に居た[わーい(嬉しい顔)]


さて、桜の続きだ


庄原市東城町が要害桜とともに「東城三本さくら」としている桜の一つ、千鳥別尺ヤマザクラを見に行った。

三本さくらのうち、要害桜を含む2本はエドヒガンだが、この桜はヤマザクラとなっている。

どう違うのか分からないが、開花時期はエドヒガンより10日ぐらい遅いようである。

よって、今は咲ききっていない状態。

DSC04927ホ・コ・ト.JPG


DSC04938ホ・コ.JPG



樹齢は400年と推定

説明板によれば、ヤマザクラの巨樹は少なく、県内1位であるとのことである。

主幹の空洞がなく、健全であるのは珍しいともある。

荒神さんのご神木とのことだ。

別にご神木だから元気ということはあるまい。

ふるさとの荒神さんは実家の上の山にあるが、そのご神木は年に勝てず朽ちて倒れてしまった。

桜への道中に「大コブシ」というのもあったが、さすがに時季外れでかろうじて残っている花がちらほら。

幹が折れて背が小さくなって、大コブシというより、古コブシという感じ

写真に撮るのはあまりに切ないので、その横に群生していた菜の花を撮る。

DSC04945ナノハナ.JPG



その代わりといっちゃなんだが、道路脇にあったシデコブシ

DSC04954シデコブシ.JPG


DSC04955彩・シャ.JPG



シデコブシは真庭市のカタクリ自生地の植え込みで見た。

これも脇の建築物の所有者が植えたものかも知れないが、いかにも自生っぽく見事なので撮った。

要害桜

庄原市東城町小奴可にある要害桜を見に行った。


この間行ってみた真庭市の醍醐桜は少し散り始めだったが、ここは今盛りときいたので・・・。

桜のある位置の隣には亀山城の二の丸、本丸跡がある。


亀山城という名前は聞いたことがある気がするが、実はあまり史料が残ってなく、詳細は不明とのことらしい。


説明板によるとこの桜は亀山城の跡地に植えられたとなっているが、一方で樹齢は500年以上というから、どちらも正しいとすると、亀山城は毛利元就が活躍するだいぶ前に廃城になっていたか、樹齢が既に数十年になった桜をこの地に植えたことになる。

まっ、詳細は分からないのだからしようがない。

この要害桜、エドヒガンということらしいが、この前見た醍醐桜もアズマヒガンとあったので、結局同じ分類にあるのだろう。

この桜は長寿が多く、500年ではまだまだというところか。

少し盛りの過ぎた感はあるが、堂々としたものだな。

DSC04859コ.JPG



隣の亀山城二の丸跡地である高台から

DSC04872コ.JPG



この日は雲が多く、見上げると白い花はさえないが、上から見ると光を反射して偉容さが際だつ。


田植え前の水張り田んぼに映った影とともに

DSC04891コ・ト.JPG



このエドヒガンだけでなく、その下を流れる小奴可川の土手に咲くしだれ桜も見事だった。

DSC04850しだれ.JPG



この町は町おこしということもあろうが、随所に水仙の花が植えられ、それが見事に咲きそろっていたし、桜も各所で見事に咲いていて、桃源郷ならぬ桜源郷のようである。

さらにオキナグサまで植えられていてびっくり!

DSC04902オキナ1.JPG


DSC04905オキナ2.JPG

真庭市のカタクリ自生地

きのうは一日中雨で、特に午後からはかなり強い雨が降った。

風も強かったのか、またBSが映らなくなった。 ヤレヤレ


今日はいい天気になりそうだ。



真庭市の醍醐桜に行く道すがらにカタクリ自生地がある。


きのうも書いたように醍醐桜への道は一方通行にしてあって、そこに見物目当ての車が連なっている状態。

カタクリ自生地にも駐車場があって、管理の人や販売物のテントもあるが、見物人は誰もいなかった。

それでもせっかく来たのだからと、醍醐桜でひとときを過ごした後、回り込んでもう一回訪れてみた。

なぜか駐車場はほぼ満杯になっていたが、相変わらず見物人は居ない。


まあ時期が時期だけにカタクリを見に来る人はいないのだろう。

真庭市のHPでは、昨日(17日)時点で終了!となっていた。


たしかに花は大半終わりだったが、自生地はきれいに整備されていた。

DSC04813カタクリ自生地.JPG


DSC04814カタクリ1.JPG




“自生地”が整備?  なんか言葉に違和感があるが、気にしてはいけない。

これも観光なんだから。こういうことがなければ人知れず自然消滅ということだってあるんだ。

自生地の一角にイチリンソウ(一輪草)

DSC04808イチリンソウ2.JPG



アマナ(甘菜)

DSC04832アマナ.JPG



これらもきちんと見られるようにしてある。



そして植え込みにもいろいろの花が

シキミ

DSC04816シキミ.JPG



ちゃんと名前を書いた紙が、さりげなくぶら下がっているから間違いないんだろう。


紅ミツマタ

DSC04823アカバナミツマタ.JPG



醍醐桜の周りの植え込みは普通の黄色のミツマタだった。


そして、紅シデコブシ

DSC04837紅シデコブシ.JPG


DSC04840紅シデコブシ2.JPG



下げてあった紙には「紅コブシ」とあったが、コブシというとあのタムシバと間違うようなモクレンの形の花を思い浮かべるので、ネットで調べた結果、シデコブシとした。

しかし、自信があるわけではない。


白いシデコブシは、当然だがもう花の終わりで変色していた。

DSC04841白シデコブシ.JPG




真庭市の醍醐桜

今日は朝から小雨だが、きのうはいい天気だった。


NHKでも宣伝していたので、岡山県真庭市の醍醐桜を見に出かけた。

いつものミーハー面目躍如だな。

だが、ミーハーというのは当然数が多いわけで、現地には車が殺到。

桜がある高台へは離合も難しい細い道で、ずいぶん手前から交通整理の人が出て、一方通行にするなど大変だ。

2㎞ぐらい手前で“3時間”といわれ、こんなことならどこかに停めて歩いた方がまし。

と思っていたら、ほど近いところの駐車スペースにようやく車を誘導してくれ(どうも、まだ遠いからそこから歩く人はいないと判断していた模様)、車を降りることができた。

そこから近道の遊歩道を歩いて(というか登って)行く。

そりゃ遠くから来て、1本桜を見るのに3時間も車の中なんて我慢できないよ。

といって、タイミングが悪けりゃ、Uターンもできないしね。


醍醐桜遠景

DSC04779醍醐桜遠景.JPG



醍醐桜

DSC04793醍醐桜2.JPG



醍醐桜の幹

DSC04789醍醐桜幹.JPG



説明板によれば、醍醐桜はヒガンザクラの一種「アズマヒガン」で、推定樹齢は1000年、根元の周囲は9.2mということだ。

名前の由来は隠岐に流される後醍醐天皇がここに立ち寄り、桜を褒めたということによるとされる。

後醍醐天皇が隠岐に流されたのは元弘2年(1332年)ということだから、685年前ということになる。

その時でも樹齢は300年以上か・・・・すごいな!


幹の一部に樹脂だかセメントだが詰められ、弱ってはいるだろうが風格がある。

隣に2代目というのが鎮座しているが、まだまだだな。


周囲に植えられていたミツマタ

DSC04785ミツマタ植栽.JPG



近くにある休憩所では地元の人がうどんやおでんなどの食い物を出したり、食材などの販売をしたりして賑わっていた。

暑い中、渋滞でトレッキングしたりしたもんだから・・・・。

まっ、この時期が過ぎれば静かな部落に還るだろうけど。

花の山 灰が峰 と 庭のチューリップ [庭の花]

この前、今の時期の灰が峰は黒っぽい緑の中にぼんぼりのように白やピンクの桜が・・・というようなことを書いたが、やはりそれはそれで捨てがたいきれいさなので、庭から撮した灰が峰を載せる。

DSC04758灰が峰ママ.JPG


DSC04768コ・ト・明.JPG



よく見ると黒っぽい緑というのは上の方だけで、もう既に400mあたりまでは若葉の色に変わっているな。


さて、チューリップ

DSC04761チューリップ1.JPG


DSC04767チューリップ2.JPG


DSC04763チューリップ3.JPG


DSC04762チューリップ4.JPG



ことしはまあきれいに咲いた方だ。


悪いときは芋を埋めた直後に猫が用便のために掘り返し、それが何度も繰り返されるもんだからぐちゃぐちゃな感じだった。


去年の秋は、一計を案じて、柊の剪定の葉や、それでは足りないので松の剪定葉を敷き詰めてみた。

これが見事にうまいこといき、猫に掘り返されなかった。

やはりちかちかと痛かったんだろう。

ホームセンターで売っている猫よけのイガイガは、アレけっこう高いもんだし、そのままにしておくと雑草やチューリップの芽が絡まって、これはこれで面倒なことになる。

柊があると、たしかに草取りの時は軍手ぐらいでは手が痛いが、チューリップには無害である。

2017年 灰が峰の桜 [灰が峰]

昨日と今日は晴天だ。


きのう、桜の様子を見に灰が峰に上がった。

このところ、ウォーキングすらまともにしていないので、体力がどうかなと心配だったが・・・。

それに持病の歯槽膿漏が悪化していて、疲れるとよりひどくなるんではという不安もあったが、なにしろ雲一つないような青空がったもんだから、吸い出されるように出かけてしまった。

それに先延ばししたら桜の季節は終わってしまうし、毎年行っていることだから。


今、家の前の桜は散りかけて、道路は花びらでいっぱいだ。


灰が峰の桜はどうなんだろう?

下から見上げると濃緑の中に白っぽいぼんぼりの模様が一面にできている。


でっ、どうだったかというと、毎年撮している林道沿いの紅白の桜だ。

DSC04730紅白.JPG




紅色は八重で、普通ちょっとだけ遅いのだが、今年はどちらも咲いている。

ただ、両方とも花が少ない。

八重の方はまだ蕾のものもあるようだから、まだ早いのだ。

白の方は満開だが、何か見事さはといえば物足りない。

やはりこの間のしとしとした長雨の影響かな。


その近くの桜の大木。

DSC04742桜1.JPG



この方が立派だ。


林道下の斜面に咲く桜だ。

DSC04739桜2.JPG



遙か下に見える小山は大空山だ。


いやあ、全般的に花見には遅かったのかもしれんが、なんか今年は残念!

レンギョウの花も少なくて、コブシの花はもう変色してて、ミツバツツジもちらほらだ。

いつもより花は1週間ぐらい遅いと思うが、それはざっとした言い方で、雨などの影響で、咲いた花は早めに傷んだり、散ってしまったんだろう。

しゃーない。


山ではおばさんの二人組と3組も遭遇してしまった。

おじさんとはなし。

この時期、山菜もあるから趣味と実益でおばさんが多いんだろう。


石垣島のマングローブ

天気予報によると、今日明日は晴れて暖かくなるという。

しかし、このところ予報が微妙に外れまくっている。

朝から晴れると思いきや、午前中、一時的にどんよりと曇り、雨でも降るかというような肌寒さ。

しかし、午後の今はまた日が差している。

どちらに傾くか、前線のせめぎ合いか。



さて、マングローブというと、いかにもマングローブという木があるような気になるが、じつは、熱帯、亜熱帯地方の海岸域にできる林というか森といったものの総称なんだそうな。

以前勉強したことがあったかも知れないが、すっかり忘れているから、木に付いた名札が「~ヒルギ」とあるのを見て、マングローブは?と思った次第。

マングローブを形成する樹木は多種あるが、沖縄にあるのは主にヒルギであり、その中の分類種として「オヒルギ」、「メヒルギ」、「ヤエヤマヒルギ」がある。

そのほかに「サキシマスオウノキ」とかが有名らしいが・・・。

いやぁ~、いかにも南国に来たという風情になる光景でいい。

それだけではなく、海水の混じった湿地帯にたこ足のように根を突き刺し、生き生きと育っている姿を見るとファンタスティックでもある。

東シナ海側に流れ出る吹通川の河口にあるマングローブ

DSC04461吹通川.JPG


DSC04457八重山ヒルギ.JPG


DSC04453八重山ヒルギ2.JPG


DSC04449八重山ヒルギ3.JPG



よく分からないのに分類名はやめておくが、たこ足が盛大に長いのがヤエヤマヒルギと思う。

カヌーに乗ったり、運んだりする人が多い。


太平洋側に流れ出る宮良川のマングローブ

DSC04679.JPG


DSC04686tヒルギ林.jpg



背の高い木はオヒルギじゃないかと思う。

根が空中に出ているのは、土が腐敗して低酸素なので空気中で呼吸をするためらしい。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。