So-net無料ブログ作成
2014.07.07 より
街中・公園の花 ブログトップ
前の10件 | -

寺本公園 [街中・公園の花]

家の下の方に寺本公園はある。

下の方といっても、中心街から見れば高台だ。

ここは桜の名所ということになっていて、桜の季節になると、世話役の人がぼんぼりを付けて、公園内や入り口に屋台なんかも出る。

前の道路はバスも時々通っていて、わりと交通は頻繁なところだが、公園の前には特に駐車場もないので、この季節になると花見用品を運び込む車や酔っぱらいで混雑する。


きのうはいい天気だったので、ぶらりと歩いて様子を見に行った。

まだ昼前だったので、賑わってはいなかったが、もう始めているグループや、場所取りの人、広げたシートや荷物が置いてあり、夜にかけてかなり人が出そうな感じだった。


寺本公園遠景

DSC02457遠景.JPG



公園入り口近く

DSC02461入口.JPG



まだ昼前だが、早速始めているグループ

DSC02469花見.JPG



公園内の桜は高齢化が進んでいる?

DSC02470老木.JPG



幹だけではなく花付きも少し衰えているような・・・。

公園内は根元を人が歩くから余計傷むのかもしれない。


寺本公園の斜面に生えて咲いているムスカリ。

散った花びらとともに。

DSC02465ムスカリ.JPG




今日は朝から曇っていて、今は、予報の通り雨が降っている。


 [街中・公園の花]

この間、久しぶりに歩いたウォーキング(勝手)コースに咲いていた梅。

oly20150308_07墓地周辺1縮.jpg


oly20150308_05墓地周辺2縮.jpg


oly20150308_04墓地周辺3縮.jpg



今時、梅は住宅の庭のものはそこかしこに咲いていて、珍しくもない。

ただ、他人様の手入れされた庭のものを勝手に撮すのは何だと思っていたが、これもたぶん所有者が居るとは思えるものの、かなり梅の自由度が感じられるので撮った。

今年はまだ、梅の木峠に行っていない。

暖かくなってそろそろ行ってみるかなと思うと、突如雪が降ってきたり、冷たい風が吹いたりする。

でもそうこうするうちに桜の季節だ。

そろそろ行ってみるか。
タグ:

アベリア(Abelia) [街中・公園の花]

いよいよ年末だ。

といってもいつにも増して何にもしていない。

今日は少なくとも中の掃除をしておかないと・・・、孫を連れて子供が帰ってくるから。

日常とは違うこんな時は、いつも“何を食べたらいいんだろう?”と考えてしまう。

考えても引き出しに何かあるわけでもないから、無駄なんだが。

連れ合いが生きていた頃はこんな時よく、“何にしようか?”“何が食べたい”とか聞かれたものだ。

食べ物に特に関心がない自分には答えようがないが、たとえ答えたにしてもおおかたその通りになることはなかった。

今、そのときの(連れ合いの)気持ちは少し分かる。



アベリア

P9027992アベリア1縮.jpg


P9027990アベリア2縮.jpg



公園や道路脇によく植えられて、長いこと咲いている花木。

写真は二河川の川土手に植えられていたもの。

別名「花園衝羽根空木(はなぞのつくばねうつぎ)」という。

衝羽根空木(つくばねうつぎ)という木があって、それを園芸種に改良したものらしい。

花期を長くしたことも改良点だろうか?かなり寒くなるまで咲いている。

名前にウツギとついて、花はウツギに似ているが、ウツギの仲間ではなくスイカズラの仲間らしい。

街中では春にはツツジが咲き乱れるが、秋には・・・と言いたいが、少し地味だ。

アベリアにもいろいろ種類があって、ピンクのものもあるようだが、これから少し気をつけてみてみようか。

ピラカンサ [街中・公園の花]

このところ久しぶりに夜が晴れているし、オリオン座も見頃となっているので、撮影したいのだが、ここにきて機械的、人的な不具合が続いた。

赤道儀が誤作動するのだ。

何も指示していないのに、動き出したり、行き先が分からなくなったり。

まるでぼけ老人のよう。

メーカーに聞いてみると、コントローラーと本体とをつなぐケーブルの断線のケースが最も多いとのこと。

それなら費用も手間も少なくてすむと、少し安堵したものの、買って2年目なのに早すぎないか。

寒さの中で曲げたり伸ばしたりで切れやすいというが、星は夜見るものだから寒いのは普通だし、赤道儀だから回転運動は想定通りだろうと思うが。

まあとにかくそれはケーブルを入手して交換してからのことだが、今度はバッテリーをショートさせてしまった。

酒を飲んで操作したことが一因と反省するが、ヒューズを替えて回復するかどうか。

あれやこれやで絶好の機会を逸しつつあるのは残念だ。



見事な赤い実!

PB298750ピラカンサ1縮.jpg


PB298748ピラカンサ2縮.jpg



二河川の川土手に植えられた生垣が生い茂ったものであろう。

ネットで見ても、“生い茂りやすいので注意”のようなことが書いてあった。

このあたりには雀をはじめとした小鳥も多く、その餌にはもってこいだろう。

ネリネ・フミリス(Nerine humilis) [街中・公園の花]

今朝は雪が降って、少し積もっていた。

広島の方は5㎝ぐらいの積雪だとか。

現役の頃だったら、職場に着くのは10時過ぎだな。

食材宅配業者がさっき電話してきて、いつもなら昼に届けるのが渋滞で夕方になるといってきた。

それにしてもこの季節でこの雪とは異例に早い。

テレビのお天気おじさんはそれでも今年の冬は暖冬だという見解を変えないと、いささか疲れ気味に話していた。

これから暖かい冬がやってくるということなのだろうが、今の寒波を当てられなかった人がいっても、やや説得力に欠ける。



ネリネ・フミリス

前の公園の崖にピンクのはかなげな花が見える。

PC138906トリ・ガンマ縮.jpg


PC138908トリ・ガンマ縮.jpg


PC138912トリ縮.jpg


PC138919トリ縮.jpg



遠目で形がよくわからないときはナデシコの雰囲気に似ているが、さすがに季節が違う。

本やネットで調べると彼岸花の仲間でネリネという花らしい。

一般的なネリネの写真ではよく似ているが、花びらの形が少し違う。

ネリネの仲間でたくさんの品種を並べているサイトを見ると、表題のネリネ・フミリスによく似ている。

花びらが細く、縁が縮れ気味のところなんか見るとこれだと思う。

だが、今の段階では山野草とはいえないだろう。

なぜここに生えているのかだが、こんな急斜面に人が植えるわけはないので、崖の上の道の脇に誰かが植えた(球根を埋めた)ものが土が崩れて落ちてきたのかもしれない。

近所の人の中には道の脇や公園の隅に種をまいたり、苗を植えたりする人がいるから。

西欧の方では別名でダイヤモンドリリーという、えらく高級な名前がついている。

花言葉は「また会う日まで see you next time」

あまり関係はないが、去年、二河川河川敷あたりでうれしげに撮っていた彼岸花は日本では不吉な花とされているそうだ。

そういえば子供の頃そんなことを聞いたような気がした。

子供の頃は花なんか何の関心もなかったから、吉だろうが不吉だろうがどうでもよく、頭にも残っていないが。



タグ:公園 ネリネ

紅葉 -前の公園- [街中・公園の花]

昨日は少し雨が降って、風も吹いた。

今は晴れているが、今後はあまり天気がよくないようだ。

それはいいが、明日、皆生温泉に行くのに帰りが雪にならねばいいが。

どうも、間が悪くて冬に実家や山陰方面に向かうときは雪にたたられるような・・・。

といって、スノータイヤはおろかチェーンも持ってないがどうすればいいか。


前の公園の紅葉もきれいだ。

見るだけでは直ぐ忘れてしまうので、もったいないということで写真に撮る。

PB278718海軍墓地縮.jpg


PB278716海軍墓地2縮.jpg


PB278717東公園縮.jpg


PB278721イチョウ縮.jpg


ヒマラヤスギ [街中・公園の花]

今朝は、またまた早く目が覚めたこともあって、久しぶりにウォーキングに出かけた。

夏風邪もほぼ完治したので、気が軽くなった。

運動しないと、もう山を歩けなくなるんじゃないかと強迫観念に駆られるのだが、といって、それ自身に目的がないウォーキングというのはどうもモチベーションとして弱い。

毎日続けている人には感心する。

“継続は力なり”と言うのは簡単だけれどなかなかね。

今朝は自分が死んだ夢を見た。

死んだといっても、自分は動いている。

幽体離脱とかではなく、どちらかといえばゾンビ状態。

自分が死んだのに、『死亡届を出さなきゃ』とか、『免許証の失効届けがいるんかな』とか頭を巡らしている。

最終的には、自分は死んではいないんじゃないか。医者の誤診ではないかと思い至る。

だが、どうせ遠くないうちに死ぬんだから、これはこのままでいいかとか考える。

まあ夢だから、その由来とか厳密に考えてもしようがない。


ヒマラヤスギ

自宅前の公園に20メートルはあろうかと思われるヒマラヤスギが生えている。

屋根の上から撮った写真。

P9027955ヒマラヤスギ1縮.jpg


下から望遠で撮った写真

P9027952ヒマラヤスギ2縮.jpg


望遠で松ぼっくりを撮る。

P9027948ヒマラヤスギ3縮.jpg


樹木のことに詳しくないので、とりあえず樅(モミ)かななどと適当に考えていたが、ブログに載せようと思ったので調べてみるとヒマラヤスギらしい。

ここまで来ればついでだと呉市の公園緑地課に聞いてみると、やはりヒマラヤスギだった。

ヒマラヤ・・というから寒い気候があう木かなと思ったら、むしろ温暖な気候が適しているらしい。

どういうわけか園芸植物として公園や庭園に植えられることが多いらしい。

さて、この木だが、我が家の利害関係からいえばあまりありがたくない。

昔はそれほどとは思わなかったが、巨大化して(実は大きさを測っていないので昔どれくらいだったか具体的には言えない)BSアンテナを壁から屋根に上げても既に障害になりつつある。

松のような葉が屋根に落ちて樋が詰まったり、車の上に落ちて脂が付いたりする。

何より庭の日陰部分が大きくなり、丁度南に当たるので天体観測にも障害となる。

といっても、どこかに文句を言っているわけではない。

ヒマラヤスギにはヒマラヤスギの都合もあろうから。

ただ、大きくなればいいというものではなかろうから、そのうち誰かが何とかしてくれるだろう。


公園のアジサイ [街中・公園の花]

昨日、公園のアジサイは“青い”と書いたので、載せる。

1406117322アジサイ1縮.jpg


青いアジサイは写野以外にも点々とある。

実は一部だが隣接してピンクのものもある。

あまりいい絵でないから載せないが、そのほかにも色々な種のものもある。

1406117323アジサイ2縮.jpg


この公園、その世話の状況からすると、アジサイはどちらかといえばほっておかれているのに、毎年かなり盛大に咲く。

アジサイの花びらは、乾くとしおれたようになり、見るからに見栄えが悪くなる。

“雨の中のアジサイは映える”とかいう言葉はテレビのナレーションの決まり言葉のようで、梅雨景色の定番であるが、単なる情緒的なシチュエーションだけではないのだ。

ガザニア [街中・公園の花]

この前、呉駅近くの歩道の植え込みにきれいに咲いていたので載せる。

P4106139ガザニア1縮.jpg

P4106133ガザニア2縮.jpg

P4106140ガザニア3縮.jpg


調べてみると「ガザニア」という花らしい。

別名 クンショウギク(勲章菊)

文字通り、デザインが勲章に似ているから。

特に難しい花ではないとの説明だが、華やかで見事なものだ。

しかし、この植え込み、他の花や雑草が混然としていて、あまり手が行き届いているとはいえない。

当方にとっては、これはこれで野草の雰囲気でいいか(^_^)

ハナニラ [街中・公園の花]

今日は灰が峰に上がるつもりで心の準備をしていた。

しかし、昨夜、ソファーから立ち上がろうとしたら右腰が痛くなり、たいしたことはないとそのまま天体観測を続けていたらどんどんひどくなった。

草取りの後遺症?

でも2、3日も前のこと・・・。

望遠鏡を見るときの中腰?

わからん!  情けない。

ということで、今日もいつものように引きこもり。

しょうがないね。養生、養生。



前の公園のハナニラ。

P3305675ハナニラ1縮.jpg

P3305674ハナニラ2縮.jpg


去年も咲いていたが載せなかったと思う。

野草なのか? 園芸品なのか?

どうでもいいが、園芸品らしい。

だから山野草の本には載せてないんだと思う。

この公園のものは植えられたものか?

そうだとしても誰か気まぐれに植えたものだろう。

崖のような場所に、他の雑草と共に生えていて、世話されているとは思えない。

それだからこそなおのこときれいだ。

ちょっと雨の後だったので、うな垂れているけれど。

ついでにタンポポ。

P3305672タンポポ縮.jpg


公園のあちこちに咲いてきた。
前の10件 | - 街中・公園の花 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。