So-net無料ブログ作成
2014.07.07 より

尼子三兄弟ゆかりの墓 [遺跡]

今日はどんよりとした曇り空。
といっても、雲は薄いようではあるが。

昨日も一日中、晴れてはいても薄雲がかかった空模様だった。
おかげで、火星の撮影はパス。

今日はその雲の厚みが増し、夕方には雨となる予想だ。



尼子氏の拠城月山富田城が落ちたとき、連行された城主達三兄弟がこの向原の地で幽閉されていた。

P4065895説明板縮.jpg

P4065897三兄弟の墓縮.jpg


「墓石」には尼子三兄弟の墓とあるが、実は三兄弟の墓ではない。

三兄弟は毛利氏移封に伴い山口県に移りそこで死んでいる。

だから、この墓は城主達に随行していた重臣達の墓ではないかというわけで、説明板には「・・・ゆかりの墓」となっている。

月山富田城は自分の実家の直ぐ近く(車で10分ほど)にある。

勿論、城跡だけであるが。

この城主達は厚遇されたということであるが、山中鹿之助(幸盛)らの家臣は尼子の血を引く別の主君を担いで戦い続け、死んでいる。

三日月に「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」と祈ったと伝えられるが、七難八苦は与えられても報いられることはなかった。

丁度、近くを芸備線の汽車が通りかかったので撮った。

P4065917芸備線縮.jpg


学生時代郷里との往復に世話になったこの芸備線。

冬に郷里から広島に戻るとき、このあたりではまだ人家の屋根や田んぼに雪が残っていたりするが、広島の街に着くと嘘のように無かったことを思い出す。

タグ: 芸備線 尼子

西谷墳墓群 [遺跡]

島根県出雲市にある西谷(にしだに)墳墓群。
ボランティアガイドをしている友人に案内してもらった。

ここには古代の墓が密集しており、「ガイドブック」にも2~5世紀にわたって、20を超える墳墓が記載されている。

この中で見学者向けに整備されているのは2~3世紀の1~6号墳だ。

墳墓群登り口の案内図。

130802案内図.jpg


6号墳から見た斐伊川。

130802斐伊川.jpg


ここの特徴は4隅(よすみ)突出型で墳墓の4隅がスロープ状に伸びている。
4号墳

1308024号墳.jpg


また、石垣のように壁面に石が貼り付けられている。
3号墳

1308023号墳縮.jpg


かなり手が入れられているから、少し墓としての現実感というか、畏れ多さというかそのようなものはない。
2号墳の下は展示室になっている。

眠っていた王達は、装飾品だけ残してどこへ行ったのか。
こんなところで眠っていることはできないものな。

墳墓群の丘から道を隔てて博物館があり、墳墓内の遺物等が展示してある。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。