So-net無料ブログ作成
2014.07.07 より
江田島 ブログトップ

2016 江田島 ゲンカイツツジとオオシマザクラ [江田島]

9日に江田島の古鷹山に登った。

いつもは術科学校の上の方の奥小路登山口から登るのだが、今度は小用港の駐車場に車をおいてポクポクと林道を上り「ソロプチミストの森」という看板があるところから登った。

この地点でどうもすでに200mぐらいあるみたいだ。

ソロプチミスト?全く知らない。どんな人たちなんだろう?

その傍には「子供の国」なるものもあるが、子供はおろか遊具一つ無いただの空き地と化した廃墟だった。

ここから頂上までは基本的に稜線伝いだ。

この稜線に「オオシマザクラ」や「ゲンカイツツジ」が多いというので歩いてみたかったのだ。

確かにあったのだけれど、奥小路ルートと比べて取り立ててきれいというわけではない。

まあルートが長い分、多いかなという程度。

桜はやはり時期遅れだな。

DSC02643オオシマザクラ1.JPG


DSC02645オオシマザクラ2.JPG



写真を撮っていると、おじさんグループの人に「写真ですか? ちょっと盛りが過ぎてるね」と言われてしまった。

空が真っ青だと白い花びらが映えるんだけど、今年はどうも晴れでも真っ青ではなく、白っぽい空なので以前ほどはきれいに映らない。


ツツジも時期遅れは時期遅れのようだ。

だが、これは色が燃えるようなので存在感がある。

DSC02658ゲンカイツツジ2.JPG


DSC02670ゲンカイツツジ1.JPG



頂上からは奥小路ルートで降りた。

といっても奥小路駐車場に車がある訳じゃないから、小用港までちょっとした峠を越えながら、またもポクポク歩いた。

かったるい。

ハマエンドウ 浜豌豆 [江田島]

今日も朝から晴天。

それも今日までのようで、明日からは下り坂とのこと。

明日、孫が来るというが、大好きな母親が一緒でないというので、どうなることやら。


ハマエンドウ

DSC05670縮.jpg


DSC05671縮.jpg


DSC05673縮.jpg



このあいだ行った、江田島の海水浴場の砂浜に咲いていた。

引き潮目的だったので、朝まだ早く、ちょっと露まみれ。

それとカメラアングルが最悪だったので、きれいに撮れていない。

まあ参考記録。


江田島というところは、市街地は呉市内と変わらないが、海岸部ではメイン道路が通っているところと、そうでないところとはかなりちがう。

メイン道路でないところは、行き止まりになっていたり、道路が細く、車での離合が難しかったりで、まるで呉の急斜面にある住宅街のようだ。

あまり車では行きたくない。

でも、そうであるが故に、もう見かけなくなった野草とか鉱物とかがあるようだ。

あまり荒らしてはいけないが、なんとかして見に行きたいところだ。

シロバナマンテマ [江田島]

昨日、今日といい天気が続いている。

昨日は江田島に、海岸の石を見に行った。

石については全く分からないが、いろいろの鉱物が露出しているというので、その様子を見たかった。

当然のことだが、そんなもの一朝一夕にお目にかかれるわけはない。

ともかく、その前段階として足下がおぼつかなくなっていて、海岸の岩伝いに歩くのは何ともあぶなかしい。

まあだめだな!

海岸の草地に咲いていた花。

シロバナマンテマ

DSC05649シロバナマンテマ1縮.jpg


DSC05650シロバナマンテマ2縮.jpg


DSC05652シロバナマンテマ3縮.jpg


DSC05654シロバナマンテマ4縮.jpg



マンテマ?

語源はよくわかっていないらしい。

ナデシコ科の植物で、原産地は欧州。

江戸時代に移入され、野生化したものだそうだ。

古鷹山(ミツバアケビほか) [江田島]

昨日(2015.04.16) 、江田島の古鷹山に登った。

車で行ったから、第二音戸大橋を渡り、早瀬大橋を渡るという、地図上で見るとえらく大回りな行程だ。

車も適宜乗らないと早く傷むからということもある。

古鷹山は、特に観光地ではないが、麓に自衛隊の術科学校があって、海軍の頃から鍛錬の場ということもあり、登山道はけっこう整備されている。

この山に登ると、必ずといっていいほど鍛錬のために走るように上り下りしている個人やグループに会う。

この小用方面から上るルートは、広島側の切串からのルートに比べ短いが勾配がきつい。

そこを走るんだから、ひいひい・のそのそ歩いている我が身と比べるとあきれるほどだ。

この日も、米軍と思われるジープでやってきた日本人と外国人(米人?)の混成グループと行き当たった。

Tシャツがはち切れそうな肉体の面々だ。

こちらはといえば、登り口の駐車場の看板に「頂上まで40分」と書いてあるのが恨めしい。

ゆうにその倍はかかってしまうのだから。

今日は晴天で風が強いが、昨日は風がないものの曇りで見通しも悪いような天候だった。

やっぱり、大島桜の花は影も形もなく、葉桜だった。

それでも、ゲンカイツツジ

DSC05555ゲンカイツツジ1.JPG


DSC05571ゲンカイツツジ2縮.jpg



頂上でカップラーメンを食べながら、ツバキ

DSC05568ツバキ縮.jpg



そしてミツバアケビ

DSC05579ミツバアケビ1縮.jpg


DSC05580ミツバアケビ3縮.jpg



さらに頂上からの眺望

DSC05558音戸ノ瀬戸縮.jpg


DSC05559宇品方面縮.jpg


DSC05562江田島湾縮.jpg



季候はちょうどいいが、もう耳元、鼻元に虫が騒ぐ。

風もなく、歩みがのろいのでなおさらだ。

オオシマザクラ [江田島]

昨夜から雨だったが、朝になって上がった。

今は少し明るくなってきた。



標題はオオシマザクラだが、実は余りよく分かっていない。

ガイドブックでは古鷹山の今頃の花は昨日載せたゲンカイツツジとオオシマザクラ。

これかいなと思える花を撮して帰って整理したのだが、ネットでも大島桜という桜は山桜の一種としたものや、山桜との違いを解説したものがあって、素人にはわかりにくい。

そこで簡単にいうとこうじゃないかな?

ソメイヨシノは花が先で葉は後で出る。
挿し木で作った苗木で増える。

ヤマザクラやオオシマザクラは花と葉がほぼ同時に出る。
ヤマザクラの若葉は赤褐色だが、オオシマザクラは緑。
サクランボの種で増える。

ちなみに染井吉野(ソメイヨシノ)は大島桜と江戸彼岸桜の交配種とされている。

厳密には違うかもしれんが、こんなところで整理して、写真を載せる。
オオシマザクラ

20140416_29オオシマザクラ1縮.jpg

20140416_42オオシマザクラ2縮.jpg


葉と一緒の花は、この前、灰が峰の桜でも思ったが、これはこれでいいモンだ。

あいにく写真はいいモンではないが。




ついでにヒメハギ

去年、休山の尾根で見つけたが今年は出会わなかった。

ところがこの古鷹山の登山道で見つけた、

20140416_06ヒメハギ1縮.jpg

20140416_04ヒメハギ2縮.jpg


愛らしい。

ガラじゃないか。

ゲンカイツツジ [江田島]

昨日、ほんとに久しぶりに江田島の古鷹山に登った。

トレーニングのためだが、ジムに行くのも辛気くさくなり当分行っていない。

どこか手近なところは?と考えていたら、と思いついたのだ。

小用側の登り口、奥小路登山口の駐車場に車を置いて登り始めた。

ここははっきりと古鷹山登山者専用と書いてあるからありがたい。

だが、止まっている車はどうやら登山者ではない車が大半のよう。

まあ、停められたからどうでもいいけれど。

登山案内の掲示板には、頂上までの時間およそ40分、ゴミは持ち帰ることとある。

後段はいいものの、40分? そんなに短かったっけ。

いつものことだがまるっきり忘れている。

また、息が上がってはと意識的にゆっくり歩いたせいもあるが.、ほぼ倍かかった。

体力の衰えここに極まれり。

ここは兵学校時代から体力・精神力を鍛えるための鍛錬の場になっている。

教育隊の若い諸君とすれちがったりする。

彼らはほとんど走っているから40分以内だろうけれど、手持ちのガイドブックでは下りで50分となっていた。

頂上付近には急勾配の岩場、鎖場がある、このことも覚えていなかった。

何回も行ったのに。

さてくだらないことはそれぐらいにして

ゲンカイツツジ
玄海躑躅

20140416_47ゲンカイツツジ1縮.jpg

20140416_44ゲンカイツツジ2縮.jpg

20140416_48ゲンカイツツジ3縮.jpg

20140416_16ゲンカイツツジ4縮.jpg

20140416_39ゲンカイツツジ5縮.jpg


最盛期は過ぎているかもしれないし、その先クマン岳から切串に至るルートはもっと多いのかもしれないが、それでもきれいだ。

もしかして、このあいだ休山山頂で見た、びっしり花の付いたツツジはこのツツジだったのではないかと思う。

ミツバツツジなんかとは何となく雰囲気が違う。

花が真正面を向いているような気がするのだ。

あまり説明は出来ない。ボロが出るから。

みかん [江田島]

昨日に続いて江田島の写真を載せる。

五輪塔近く、たわわに実ったみかんが通路に垂れ下がる。

PC145148みかん縮.jpg


五輪塔近く、美しく咲いていたサザンカ。

PC145152サザンカ縮.jpg


家のサザンカもこんなにきれいだったらいいのに。

手入れの問題か?

干潮の江田島湾。

PC145169江田島湾縮.jpg

五輪塔 [江田島]

この前の土曜日、息子と共に江田島に行った。

江田島の市役所の近くに中世の五輪塔がある。

以前にも島根県あたりに見に行ったが、自分自身としては趣味も信心もないので自慢じゃないけれど全く分からない。

息子の趣味なのだが。

PC145154五輪塔縮.jpg


五輪とは、もちろんオリンピックとは関係ない。

つまらんギャグいうな。

5層の塔のうち、下から地水火風空を表しているという。

知ったげなこと言わなくても、この看板に書いてある。

PC145157五輪塔看板縮.jpg


江田島市がちゃんと保全・管理している。と、息子は感心していた。


その近くにコマツヨイグサが・・・。

PC145162コマツヨイグサ縮.jpg



江田島 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。